教育保育方針|白山市の保育園−蝶屋こども園

教育保育方針

教育保育理念

 恵まれた保育環境の中でのびのびと遊び、いろいろな体験を通して五感を磨き、丈夫でしなやかな身体と人として生きる力の基礎を培う。

教育保育目標

  • ◎笑顔あふれる元気な子ども
  • ◎意欲的に取り組む子ども
  • ◎思いやりの気持ちをもてる子ども
  • ◎感性豊かに表現できる子ども

教育保育方針

  • ◎一人一人の子どもの成長発達を大切にし、健康で明るく豊かな情操をもった子を育んでいきます。
  • ◎子どもが主体的に遊べる環境の中で興味関心をもったり、いろいろなことに挑戦したりする子を育んでいきます。
  • ◎園・家庭・地域が共に協力しあって、子どもの健やかな成長を支えていきます。

保健

健康状態、発育発達状態の継続的な把握・心身状態や家庭生活、養育状態の把握・全園児健康診断(年2回)・身体計測(毎月)・内科歯科健診・保健給食だより・感染症の早期発見及び周知徹底・職員検便(毎月)

環境・安全

環境設定の見直し・玩具、遊具の点検・温、湿度の調節・避難訓練(毎月)・遊具、施設の安全点検(毎月)・消防設備点検(年2回)・非常、火災通報装置点検(年4回)

保護者・地域への支援

一時保育事業の実施・育児講演会・保育参加及び参観・育児講演会・父親保育体験・祖父母参観・個人、クラス懇談会・園だより、クラスだよりの発行・実習生、職場体験、ボランティアの受け入れ

小学校との連携

  • 年間を通して小学校教育との円滑な接続を行う為、小学校教諭との意見交換や小学校児童との交流、保育参観や授業参観などを行う。
  • 児童教育保育要録の送付(年長)

地域との連携

ディサービスの方々とのふれあい・地域の先生(菜園、陶芸)

特色のある保育

もじもじランド・茶道・父親一日保育体験